「モバイル割符」に利便性を増した「モバイル割符 model M」を追加(日立製作所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

「モバイル割符」に利便性を増した「モバイル割符 model M」を追加(日立製作所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社日立製作所は、同社のセキュリティソリューション「Secureplaza(セキュアプラザ)」の情報漏洩防止ソリューションメニュー「モバイル割符」に、「モバイル割符 model M」を追加した。「モバイル割符」は、プログラムやデータファイルを保存したフォルダ等を、秘密分散法を適用して物理的にPCのローカルディスクとUSBフラッシュメモリにファイル分割(割符化)して保存することで、閲覧や変更、コピー、削除を防止するモバイルPC向けセキュリティツール。今回追加された「model M」では、この割符化したデータの保存先を、モバイルPCではなく、MO等の記録媒体と専用USBフラッシュメモリに指定できるのが特徴。これにより、ノートPC等を利用しなくても安全な持ち出しや輸送が可能となった。また、専用USBメモリにはソフトウェアが内蔵されており、PCに差し込むだけですぐに利用環境が整うため、外出先でもモバイル割符機能を使用したデータ保存が可能。このため、複数の顧客、拠点などを経由して修正と移動を繰り返す場合でも、高いセキュリティレベルを確保し続けることができる。Windows XP Pro/2000 Pro対応。専用USBメモリは256MB/512MB/1GBの3タイプ。価格は26万1,450円〜。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2005/04/0401a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×