Fingerprint Sharing Alliance シェア95%獲得後の次の市場は独自のDDos防御をもつISP(続報) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.17(火)

Fingerprint Sharing Alliance シェア95%獲得後の次の市場は独自のDDos防御をもつISP(続報)

製品・サービス・業界動向 業界動向

3月28日にネット攻撃に対する国際的な対抗組織 Fingerprint Sharing Alliance を立ち上げた Arbor Networks 社から、その内容について追加の情報をいただいた。

関連記事
ネット攻撃に関する情報交換のための国際団体を結成(2005/03/30)
https://www.netsecurity.ne.jp/1_2211.html

先日の記事では民間企業が率先して世界的なサイバー防御アライアンスを組むことの意味が見えにくかったが、今回いただいた情報により企業戦略上の位置づけも把握することができた。

>> シェア95%獲得後の次の市場は独自のDDos防御システムをもつISPへの製品導入

Arbor Networks 社はすでにDDos防御製品市場で95%のシェアを保有している。同社がさらに成長するためには新しい市場を開拓する必要がある。独自のDDos防御システムをもつISPに対して、新たに同社の製品 Peakflow SP の導入させることが市場拡大の切り札になると考えている。
そのためには、個別のISPのもつシステムと比較した時の Peakflow SP そのもの優位性を高める必要があった。今回の Fingerprint Sharing Alliance は、複数のISPを横断的に結ぶ技術であり、個別のISP単位のシステムでは対応することが困難である。このアライアンスによって、現在独自システムをもつISPに Peakflow SP の導入を進める糸口を作ろうとしている。
ISPはあくまで独自路線でゆくのか、それとも国際的なアライアンスを背景にもつ製品導入に踏み切るのかを判断しなければならないことになる。


以下は、Arbor Networks 社広報担当Kate Munro氏からのコメントである。

>> 日本からは NTT コミュニケーションズが参加 5月にアジアから追加参加

Fingerprint Sharing Alliance は国際的な協力組織であり、ドイツ、アジア、日本、イギリス、アメリカ、カナダ、カリブからご参加いただいています。日本からは NTT コミュニケーションズが参加しています。
さらに5月にアジアからの参加者が新しく加わる見込みです。
Arbor Networks 社はこのアライアンスをさらに拡大してゆく予定です。

>> アライアンスのベース Peakflow SP は攻撃情報の自動共有システム

今回のアライアンスでベースとなるのは Peakflow SP というシステムである。このシステムは攻撃のパターン(Fingerprint)を自動的に共有する仕組みです。
Peakflow SP は自動的にインターネットに接続されている各機器から情報を収集し、異常があった場合、それを発見し、報告する機能をもっています。報告を受けたら、その異常がオンラインイベントなどの通常想定されるものなのか、なんらかの攻撃の可能性があるものなのかを判断。攻撃と判断した場合は、自動的にその攻撃のパターンを各機器に配信することができます。各機器の管理者はそれぞれの判断で配信された攻撃パターンを組み込むかどうかを決めることができます。

さらにくわしい製品の内容について下記を参照して欲しい
http://www.arbor.net/products_sp.php


>> Peakflow SP のマーケットシェアは95%以上 最大の競合相手はISP

DDos防御の製品としてのマーケットシェアは95%以上だと考えています。この分野では適切なアナリストがいないのですが、我々がそのように推定したことには十分な理由があります。
1999年から2000年にかけてDDos防御製品を提供する多数の会社が登場しました。しかし、現在はほとんどの会社が撤退してしまっています。
現在の当社の最大の競合はISPです。ISP自身がDDos防御サービスをはじめているのです。ISPによっては独自のシステム、独自のスクリプトを構築しています。われわれとしては彼らに Peakflow SP の技術、拡張性、安定性などをより訴求してゆく必要があると考えています。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

  6. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  7. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  8. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  9. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  10. マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×