デジタル著作権管理技術によって情報資産を守るソリューションを発売(日立システムアンドサービス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

デジタル著作権管理技術によって情報資産を守るソリューションを発売(日立システムアンドサービス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社日立システムアンドサービスは3月29日、DRM技術(デジタル著作権管理技術)を文書ファイルに適用し、情報資産を有効に活用しながら情報漏洩対策を支援する「Millemasse ドキュメント・セキュリティ ソリューション」を4月1日より販売開始すると発表した。本製品は、情報を「文書ファイル」の形で検索性に優れた文書管理サーバで保管するため、企業内で利用する場合、DRM技術によって保護されていることをほとんど意識せずに利用できる。また、保管した文書ファイルはDRM技術を適用し、より高度なセキュリティ管理を行う。情報の暗号化と印刷、コピーの禁止などといった機能制限により、情報漏洩を防止する。新規導入のほか追加導入にも対応する。

http://www.hitachi-system.co.jp/press/2005/pr050329.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×