顧客データベースへのアクセスをきめ細かく制御できる管理技術を開発(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

顧客データベースへのアクセスをきめ細かく制御できる管理技術を開発(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は3月29日、顧客の個人情報を取り扱うCRMシステムなどで、短期間で顧客データベースへのアクセスをきめ細かく制御するアクセス管理技術を開発したと発表した。今回開発したアクセス管理技術とプライバシー評価エンジンの「Tivoli Privacy Manager for e-business」を組み合わせて導入すると、既存システムにはほとんど変更を加えずに、部門ごとに参照できる個人情報を限定したり、顧客の同意のない情報を非表示にするなど、個々のシステムから顧客データベースへのアクセスをきめ細かく制御できるようになる。プライバシーポリシーの変更も容易に行える。

http://www.ibm.com/jp/press/20050329001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×