微弱無線を採用したフラッシュメモリ型USBトークン「PeerToken」を開発(富士通ビー・エス・シー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

微弱無線を採用したフラッシュメモリ型USBトークン「PeerToken」を開発(富士通ビー・エス・シー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社富士通ビー・エス・シーは3月30日、微弱無線の受信機を使用したフラッシュメモリ型USBトークン「PeerToken」を開発、同製品と発信機を埋め込んだカードホルダー「PeerHolder」を連携させ、他人によるPCの不正利用を防止できる製品を試作したと発表した。今秋までには出荷させる予定。本システムは、PeerHoldeを持つPC利用者が離席した場合、PeerTokenを接続したPCが離席を認識し、PCが自動的にロック状態となるというしくみ。入退出管理に社員カードを利用している場合などは、従来のカードホルダーをPeerHolderに替えるだけで、手軽に情報漏洩防止対策が行える。

http://www.bsc.co.jp/news/2005/2005033001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×