世界初となる高セキュリティの高速光伝送装置を開発、実証実験開始へ(松下電器産業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.26(火)

世界初となる高セキュリティの高速光伝送装置を開発、実証実験開始へ(松下電器産業)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

松下電器産業株式会社は3月30日、玉川大学と共同で光ネットワーク上で機密情報の安全な伝送を可能とする「量子ゆらぎ拡散暗号方式」に基づく高速伝送装置の開発に、世界で初めて成功したと発表した。この装置は、光を検出する際に不可避に発生するランダムなゆらぎ(量子ゆらぎ)をセキュリティに利用するもの。これにより、第三者が伝送情報を不正に傍受しようとしても、そのゆらぎに情報が埋もれるため傍受が不可能になる。また、既存の光ネットワークへの導入も容易であることが特徴。従来のソフトウェアによる暗号化よりも高度な安全性を、20km以上の無中継光伝送を盗聴の危険なく実現する。今回の基本原理の確立を受け、実用化のための実証実験を4月より実施し、実用化していく予定だ。

http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn050330-2/jn050330-2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×