ガンホー・オンラインに不正アクセス、550件の顧客情報が改竄 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

ガンホー・オンラインに不正アクセス、550件の顧客情報が改竄

製品・サービス・業界動向 業界動向

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社は3月29日、同社が管理しているネットワーク網への不正アクセスを受け、顧客情報の一部が改竄された形跡が確認されたと発表した。調査の結果、550件の顧客情報を対象としたデータ(GungHo-IDのパスワード、メールアドレス、秘密の質問、秘密の答え)の改竄がなされている事実を確認したという。ただし、クレジット情報を含む「信用情報」に関しては改竄の事実はないとしている。同社では事件発覚後、「情報セキュリティ委員会」を中心とし、顧問弁護士、システム会社および関係先などの専門家の協力も得て、原因究明のための徹底調査を開始しており、該当する顧客にはメールにてお詫びと報告を行っている。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント:【重要なお知らせ】当社ネットワークへの不正アクセスについてのご報告
http://www.gungho.jp/important/2005_03_29.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×