ネット攻撃に関する情報交換のための国際団体を結成(Fingerprint Sharing Alliance) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

ネット攻撃に関する情報交換のための国際団体を結成(Fingerprint Sharing Alliance)

製品・サービス・業界動向 業界動向

3月28日、ネットワークセキュリティ企業である米Arbor Networks社の主導により、ネットワーク攻撃に関する情報交換のための国際団体「Fingerprint Sharing Alliance」が結成された。英British Telecom社や米MCI社、NTTコミュニケーションズなど、各国の大手通信プロバイダおよびネットワーク事業者が参加しており、Arbor Networks社のセキュリティプラットフォーム「Peakflow SP」を強化し、インターネット攻撃の特性に関する情報を自動的に交換する仕組みを構築、発生源に近いところで攻撃を遮断する。

http://www.arbornetworks.com/news_detail.php?id=350
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×