ららぽーと、取引先法人リストデータを記録したPCが盗難被害に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

ららぽーと、取引先法人リストデータを記録したPCが盗難被害に

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ららぽーとは3月25日、同社社員用の故障PC1台を修理のため3月18日に大手宅配会社に依頼して搬送中、盗難に遭うという事故が発生したと発表した。このPCには、取引先法人リスト331社分が含まれており、その中に1,031名分の氏名、会社、部署名、会社連絡先(住所、電話番号、一部メールアドレス)が保存されていた。ただし、PCにはログインIDとパスワードの設定がなされているという。同社では、該当する顧客に対し事実を通知し、お詫びするとともに、更なる情報セキュリティの強化と徹底を図り再発防止に万全を期していくとしている。

株式会社ららぽーと:お取引先法人リストデータを含むパソコンの盗難について
http://www.lalaport.co.jp/info050325.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×