Webサービスに実装できるJava言語用暗号化ツールキットを発売(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

Webサービスに実装できるJava言語用暗号化ツールキットを発売(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

RSAセキュリティ株式会社は3月24日、XML文書やSOAPメッセージのセキュリティ保護機能を実装するためのJava言語用暗号化ツールキット「RSA BSAFE Secure-WS for Java」を3月28日に発売すると発表した。本製品は100%ピュアJavaで作られており、SOAPメッセージとXML文書に暗号化、復号や署名、検証の機能を提供する。また、Java JCE/JCAアーキテクチャーを使用することでアプリケーションは暗号化オペレーションに任意のJCEプロバイダを利用できる。パフォーマンスをさらに高めたい場合には、FIPS 140-1認定の汎用暗号エンジン、RSA BSAFE Cyrpto-JのJCEプロバイダと組み合わせることが可能となっている。本製品によって、Webベースの企業間取引でとり交わされるアプリケーションやデータに署名や暗号化技術を容易に組み込み、情報の信頼性を高めることが可能となる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200503241.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×