ICカードや指静脈、虹彩などの各種生体認証に対応したATMを開発(沖電気工業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

ICカードや指静脈、虹彩などの各種生体認証に対応したATMを開発(沖電気工業)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

沖電気工業株式会社は、セキュリティ機能を強化した新型ATM(現金自動預払機)「ATM-BankIT」を開発した。ATM-BankITは、ICカードや指静脈のほか、手のひら静脈、アイリス(虹彩)など複数の各種生体認証に対応しており、金融機関のニーズに合わせた個人認証方式を選択、採用できる。また、遮光フィルターを標準搭載しているため、暗証番号のぞき見防止も実現できる。紙幣容量については業界最大の1万4,500枚に増量、デザインについてはユニバーサルデザインを採用した。本製品の販売は2005年7月の予定で、価格はオープンプライスとなっている。なお同社はATM単体の販売だけでなく、保守や運用受託サービスなどATMに関連する総合的なサービスも展開していくという。

http://www.oki.com/jp/Home/JIS/New/OKI-News/2005/03/z04149.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×