重要ファイルの不正な書き換えや漏洩を未然に防ぐソフトウェアを開発(日立製作所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

重要ファイルの不正な書き換えや漏洩を未然に防ぐソフトウェアを開発(日立製作所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社日立製作所は、コンピュータウイルスなどの有害なプログラムから、PCに格納された重要なファイルを保護するソフトウェアを開発したと発表した。同ソフトは、定義ファイルにより重要なファイルの読み書きに利用するプログラムを限定し、不審なプログラムには一切読み書きをさせないようにできるアクセス制御ソフト。このソフトを導入することで、未知のウイルスが侵入した場合でも、重要ファイルの不正な書き換えや漏洩を未然に防ぐことができる。定義ファイルは、PCのファイルとプログラムの関連付け情報を利用して自動的に作成するため、簡単な操作でPCへのインストールと設定が可能。また、プログラムの不正な差し替えを自動で検知する機能を搭載しており、同じプログラム名称を使うような「なりすまし」も防止できる。同社は、今後、各種情報システムのクライアントPCへの搭載に向けた製品化を進める予定。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2005/03/0318.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×