IPコンタクトセンターシステムの導入で情報漏洩対策を強化(ぷららネットワークス、日本電気、サン・マイクロシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

IPコンタクトセンターシステムの導入で情報漏洩対策を強化(ぷららネットワークス、日本電気、サン・マイクロシステムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ぷららネットワークスは3月16日、情報漏洩対策の強化を目的に、日本電気株式会社、サン・マイクロシステムズ株式会社と共同でIPコンタクトセンターシステムを導入したと発表した。本システムの導入は本年4月の個人情報保護法の完全施行をふまえたもので、IP電話システムにNECのSIPサーバ「UNIVERGE SV7000」を、オペレータ端末にサンのシン・クライアント「Sun Ray Ultra-Thin Client」を採用し、すでに主要コールセンターへの導入が完了した。平成17年度上期中には国内すべてのセンターに展開し、シン・クライアントを採用したコンタクトセンターシステムとしてはアジア最大級となる、約1000席規模にまで拡大する計画だ。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0503/1601.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×