東京電力、顧客情報が記載された工事関係書類の盗難が盗難被害に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

東京電力、顧客情報が記載された工事関係書類の盗難が盗難被害に

 東京電力株式会社は3月7日、同社の高速インターネット事業などを行ってい る光ネットワーク・カンパニーにおいて、「TEPCOひかり」に契約している顧 客の個人情報(氏名、住所、電話番号)が記載された工事関係書類46件分が工 事車両とともに盗難被害に遭うという事件

製品・サービス・業界動向 業界動向
 東京電力株式会社は3月7日、同社の高速インターネット事業などを行ってい
る光ネットワーク・カンパニーにおいて、「TEPCOひかり」に契約している顧
客の個人情報(氏名、住所、電話番号)が記載された工事関係書類46件分が工
事車両とともに盗難被害に遭うという事件が発生したと発表した。この書類は、
請負工事会社が顧客宅に光ファイバ工事を実施するための書類で、千葉県柏市、
松戸市内の電柱へ光ファイバケーブルを架設した工事の竣工写真を撮影するた
め、工事車両に搭載していたもの。3月5日の早朝に車両の盗難に気づき、警察
に通報するとともに付近を捜索しているが、未だに見つかっていないという。


東京電力:お客さま情報が記載された工事関係書類の盗難について
http://www.tepco.ne.jp/information/release/05030701.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×