ステルス型ウイルス、スパイウェアを撃退する次世代侵入防止技術を発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

ステルス型ウイルス、スパイウェアを撃退する次世代侵入防止技術を発表(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は3月9日、ステルス型ウイルスやスパイウェアを検出して削除する新しい技術「F-Secureブラックライト」を開発、発表した。本技術は、オペレーティングシステムから隠され、従来のセキュリティ製品では検出できないファイルやディレクトリ、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は3月9日、ステルス型ウイルスやスパイウェアを検出して削除する新しい技術「F-Secureブラックライト」を開発、発表した。本技術は、オペレーティングシステムから隠され、従来のセキュリティ製品では検出できないファイルやディレクトリ、プロセスを見つけて削除できるもので、試用版も提供している。同社では、本技術を組み込んだ「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティ」を2005年内に出荷開始する予定としている。これにより、ウイルス対策、ファイアウォール、侵入検知、スパイウェア対策を一段と強化する計画だ。

http://www.f-secure.co.jp/news/200503091/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×