ステルス型ウイルス、スパイウェアを撃退する次世代侵入防止技術を発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

ステルス型ウイルス、スパイウェアを撃退する次世代侵入防止技術を発表(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は3月9日、ステルス型ウイルスやスパイウェアを検出して削除する新しい技術「F-Secureブラックライト」を開発、発表した。本技術は、オペレーティングシステムから隠され、従来のセキュリティ製品では検出できないファイルやディレクトリ、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は3月9日、ステルス型ウイルスやスパイウェアを検出して削除する新しい技術「F-Secureブラックライト」を開発、発表した。本技術は、オペレーティングシステムから隠され、従来のセキュリティ製品では検出できないファイルやディレクトリ、プロセスを見つけて削除できるもので、試用版も提供している。同社では、本技術を組み込んだ「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティ」を2005年内に出荷開始する予定としている。これにより、ウイルス対策、ファイアウォール、侵入検知、スパイウェア対策を一段と強化する計画だ。

http://www.f-secure.co.jp/news/200503091/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×