米国内のリテール顧客向けに情報保護オプションとしてRSA SecurIDを提供(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

米国内のリテール顧客向けに情報保護オプションとしてRSA SecurIDを提供(米RSA Security)

 米RSA Security社の発表によると、E*TRADE FINANCIALは同社の米国内のリテール顧客向けに、RSA SecurIDによる認証セキュリティサービスを2005年第2四半期から提供する。E*TRADE Complete Security SystemのDigital Security IDはRSA Security社のRSA SecurIDを採用し

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Security社の発表によると、E*TRADE FINANCIALは同社の米国内のリテール顧客向けに、RSA SecurIDによる認証セキュリティサービスを2005年第2四半期から提供する。E*TRADE Complete Security SystemのDigital
Security IDはRSA Security社のRSA SecurIDを採用したサービスで、同社リテール顧客は既存のセキュリティインフラストラクチャをオプションで追加できる。RSA Securityの社長兼CEOのアート・コビエロは「フィッシングやそのほかの詐欺行為を狙う犯罪者は、パスワードに大きく依存するインターネットのセキュリティ構造をますます悪用しようとしている。このような脅威に対応できるよう、E*TRADE FINANCIALが同社顧客にアイデンティティや資産の保護に役立つ簡単で安全な方式を提供する決定は、大きな賞賛を受けるだろう」と語った。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200503011.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×