航空自衛隊小松基地の隊員2名が備品を盗み出しネットで販売 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

航空自衛隊小松基地の隊員2名が備品を盗み出しネットで販売

製品・サービス・業界動向 業界動向

 航空自衛隊小松基地の30代隊員2名が、同基地の備品を盗み出しネットオークションで販売していたことが27日までに判明した。第6航空団整備補給群の隊員は、2001年から2002年にかけて基地の備品であるPC周辺機器や事務用品などを約30点を盗み出し、一方の小松管制隊隊員は、2003年に文房具など23点を盗み出し、それぞれネットオークションで販売していた。前者は書類送検され起訴猶予となり、懲戒免職処分となった。また、後者は停職30日の懲戒処分を受けた。同基地では、1名が起訴猶予となっていることなど事案の内容を考慮して発表を控えていたと説明している。


航空自衛隊小松基地
http://www.jda.go.jp/jasdf/komatsu/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×