柔軟性と選択肢を提供する強力な認証のロードマップを発表(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.07.28(水)

柔軟性と選択肢を提供する強力な認証のロードマップを発表(米RSA Security)

 米RSA Securityは2月15日、アイデンティティをビジネス資産として活用する企業に対し、柔軟性と選択肢を提供する強力な認証のロードマップを発表した。このロードマップは、各種のネットワークとアプリケーションのすべてに共通してアイデンティティを証明し利用できる

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは2月15日、アイデンティティをビジネス資産として活用する企業に対し、柔軟性と選択肢を提供する強力な認証のロードマップを発表した。このロードマップは、各種のネットワークとアプリケーションのすべてに共通してアイデンティティを証明し利用できる柔軟性に富み、費用効率の高いプラットフォームを組織が必要としていることを前提としたもので、クレデンシャルを中核と位置づけ、これをライフサイクルの最初から最後まで徹底して管理することを目的としている。具体的には、クレデンシャルの「作成、保管、管理、証明、利用」に対応する柔軟な選択肢と幅広い形状、管理機能、拡張性を提供し、最大限の範囲にわたるリソースとアプリケーションに共通して利用できるトラステッド・アイデンティティを実現する。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200502152.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×