オンライン・セキュリティに関する消費者の意識調査結果を発表(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

オンライン・セキュリティに関する消費者の意識調査結果を発表(米RSA Security)

 米RSA Securityは2月14日、年次調査の結果を発表した。この調査は、同社が2002年から毎年行っているもので、消費者の現在の態度、意識、セキュリティ習慣を探るとともに、それらが過去2年間の間にどのように変化してきたかを浮き彫りにすることを目的としている。調査

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは2月14日、年次調査の結果を発表した。この調査は、同社が2002年から毎年行っているもので、消費者の現在の態度、意識、セキュリティ習慣を探るとともに、それらが過去2年間の間にどのように変化してきたかを浮き彫りにすることを目的としている。調査結果によると、消費者はセキュリティに対する不安から、オンラインの個人的取引を控える傾向が続いており、およそ4人に1人がオンラインショッピングを減らし、5人に1人が金融機関とのインターネット取引を控えている。また、全回答者の半数以上がユーザIDとパスワードだけではオンライン情報の保護に不十分であると見なしている。さらに半数近くが、オンライン商店に個人情報を知らせるのを拒否しているという結果となった。ユーザIDとパスワードという認証システムに不安を感じているものの、これに代わるシステムが登場するまでは、不備が残る現状のまま利用するしかないとしているユーザが多いようである。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200502141.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×