LinuxのCfengine RSA認証にリモートから攻撃可能なバッファオーバーフローが見つかる | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

LinuxのCfengine RSA認証にリモートから攻撃可能なバッファオーバーフローが見つかる

 サイバーディフェンス社からの情報によると、複数のベンダが実装しているCfengine ProjectのCfengineサーバコンポーネントで、リモートから攻撃可能なバッファオーバーフローが見つかった。これにより、任意のコードが実行される可能性がある。Cfengineは、コンピュー

製品・サービス・業界動向 業界動向
 サイバーディフェンス社からの情報によると、複数のベンダが実装しているCfengine ProjectのCfengineサーバコンポーネントで、リモートから攻撃可能なバッファオーバーフローが見つかった。これにより、任意のコードが実行される可能性がある。Cfengineは、コンピュータシステムの一部として設計されており、クラスタ管理に最適で小規模な組織から大規模な組織まで、世界中の多くのユーザによって利用されている。最初の接続時に、RSA認証を処理しているときにメモリ上でヒープオーバーフローが発生する可能性がある。特に、リモートから受信したRSA鍵を処理しているときに問題が発生する。


※この情報は株式会社サイバーディフェンス
 ( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
 サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については
 下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【11:15 GMT、2、21、2005】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×