情報不正持ち出し禁止ソフトウェア「Asset View HYPER G」を発売(ハンモック) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

情報不正持ち出し禁止ソフトウェア「Asset View HYPER G」を発売(ハンモック)

 株式会社ハンモックは2月15日、個人情報保護法対策製品として、記録メディアへの書き込みなどを禁止するデバイスロック機能を持つソフトウェア「Asset View HYPER G」を3月31日より発売すると発表した。本製品は、同社のIT資産管理ツール「Asset View HYPER」シリーズ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ハンモックは2月15日、個人情報保護法対策製品として、記録メディアへの書き込みなどを禁止するデバイスロック機能を持つソフトウェア「Asset View HYPER G」を3月31日より発売すると発表した。本製品は、同社のIT資産管理ツール「Asset View HYPER」シリーズの新しい情報漏洩対策製品としてオプションで販売される。CD、DVD、USB、FDなど個人情報や機密情報の不正コピーのインターフェイスになりうるデバイスはもちろん、シリアルポートやパラレルポートなど9種のデバイスを制御することが可能となっている。また、時間を指定してのロックや一時解除も簡単に行え、柔軟な運用に対応する。価格はクライアント数によって異なるが、クライアント台数500〜999台の場合でクライアント単価は1,300円となる。

http://www.hammock.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×