シマンテックのウイルス対策製品にセキュリティホール | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

シマンテックのウイルス対策製品にセキュリティホール

 米Symantec社は2月8日、同社の複数のウイルス対策製品に外部から任意のコードを実行されるセキュリティホールが発見されたと発表した。影響を受けるのは「Norton AntiVirus for Microsoft Exchange 2.1〜build 2.18.85」、「Norton AntiVirus 2004 for Windows」、「N

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米Symantec社は2月8日、同社の複数のウイルス対策製品に外部から任意のコードを実行されるセキュリティホールが発見されたと発表した。影響を受けるのは「Norton AntiVirus for Microsoft Exchange 2.1〜build 2.18.85」、「Norton AntiVirus 2004 for Windows」、「Norton AntiVirus 2004 for Macintosh」などで、すべて以前のバージョン。原因はUPX圧縮ファイルの解析を行なうDEC2EXE解析エンジンモジュールとされており、同社ではLiveUpdateの実行や修正プログラムの適用を呼びかけている。


Symantec Security Response:SYM05-003 Symantec UPX Parsing Engine Heap
Overflow
http://securityresponse.symantec.com/avcenter/security/Content/2005.02.08.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×