シマンテックのウイルス対策製品にセキュリティホール | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

シマンテックのウイルス対策製品にセキュリティホール

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米Symantec社は2月8日、同社の複数のウイルス対策製品に外部から任意のコードを実行されるセキュリティホールが発見されたと発表した。影響を受けるのは「Norton AntiVirus for Microsoft Exchange 2.1〜build 2.18.85」、「Norton AntiVirus 2004 for Windows」、「Norton AntiVirus 2004 for Macintosh」などで、すべて以前のバージョン。原因はUPX圧縮ファイルの解析を行なうDEC2EXE解析エンジンモジュールとされており、同社ではLiveUpdateの実行や修正プログラムの適用を呼びかけている。


Symantec Security Response:SYM05-003 Symantec UPX Parsing Engine Heap
Overflow
http://securityresponse.symantec.com/avcenter/security/Content/2005.02.08.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×