e-Passport連携実証実験への参加を発表(沖電気工業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

e-Passport連携実証実験への参加を発表(沖電気工業)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 沖電気工業株式会社は、内閣官房をはじめとする関係府省が連携して行う虹彩認証・指紋認証など活用した「e-Passport連携実証実験」への参加を発表した。これに従い同社は、法務省より「出入国業務への生体認証技術適用に関する調査・研究及び実証実験」を受託し、同省が推進する「安全性に裏付けされた出入国審査の利便性向上」の実現に向けて、虹彩認証、指紋認証及び顔認証の3つの生体情報を同時に認証・照合処理することにより迅速な照合を実現することが可能な認証システム「e-Immigration Multi-Biometrics System(e-IMBS)」を新たに開発した。同システムを使用した実証実験は、成田国際空港(第二旅客ターミナル)にて2月7日〜3月25日まで実施されており、国際標準準拠のIC旅券の読み取り評価とともに、出入国審査業務におけるバイオメトリクスの有効性を検証する。

http://www.oki.com/jp/Home/JIS/New/OKI-News/2005/02/z04131.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×