Linuxサーバ向けウイルス対策ソフトの最新版「HDE Anti-Virus 4.5 for Gateway」を発売(ホライズン・デジタル・エンタープライズ) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

Linuxサーバ向けウイルス対策ソフトの最新版「HDE Anti-Virus 4.5 for Gateway」を発売(ホライズン・デジタル・エンタープライズ)

 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズは、Linuxサーバ向けウイルス対策ソフトの最新バージョン「HDE Anti-Virus 4.5 for Gateway」を2月22日より販売開始すると発表した。新バージョンでは、従来より最高で2倍となる処理の高速化や、さらなる安定性の強化な

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズは、Linuxサーバ向けウイルス対策ソフトの最新バージョン「HDE Anti-Virus 4.5 for Gateway」を2月22日より販売開始すると発表した。新バージョンでは、従来より最高で2倍となる処理の高速化や、さらなる安定性の強化などによりパフォーマンスが向上。また、「Turbolinux 10 Server」や「MIRACLE LINUX Standard Edition v3.0」など最新のディストリビューションにも対応。価格は78,750円〜。通常価格の50%の価格で提供する「乗換割引パッケージ」も用意されている。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200502020
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×