野村證券、顧客情報リストが入った鞄がひったくり被害に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

野村證券、顧客情報リストが入った鞄がひったくり被害に

製品・サービス・業界動向 業界動向

 野村證券株式会社は2月4日、同社自由が丘支店の社員が2月2日帰宅途中に、自宅近くの路上で「ひったくり」の被害に遭い、鞄を盗まれるという盗難事故が発生したと発表した。この鞄には、東京都目黒区の一部の地域を対象として作成したリストが入っており、同支店と取引のある顧客2名を含めた個人231名、法人165社の名前、住所、電話番号が記載されていた。なお、この名簿は一般で入手できる名簿などから作成されているという。


野村證券株式会社:個人情報を含む資料の盗難事故について
http://www.nomuraholdings.com/jp/press/securities/050204/050204.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×