セキュリティ機能を強化した「pcAnywhere」を発表(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

セキュリティ機能を強化した「pcAnywhere」を発表(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社シマンテックは1月13日、同社のリモートコントロールツールの最新版「pcAnywhere 11.5」を発表した。今回発表された最新版では、対応OSおよび周辺機器が拡大された他、セキュリティ機能が大幅に強化された。追加されたセキュリティ機能としてはFIPS(連邦情報処理規格)140-2(レベル2)認証を取得したAES暗号の採用、ホストアドレスブロック機能、ログイン情報をデフォルトで暗号化、RSA SecurIDを含む多彩(13種類)な認証方式の採用、インテグリティチェックなど。今回のバージョンではクロスプラットフォーム対応も進められており、Linuxシステムをリモート管理できるpcAnywhere Linux Host、JavaベースのWebブラウザからWindowsとLinuxのpcAnywhereホストを管理できるpcAnywhere Web Remote、Microsoft Pocket PCデバイスからpcAnywhereホストを管理できるpcAnywhere Mobileなどの機能が追加されている。価格はコンプリート版(ホスト&リモート)標準パッケージが17,640円〜、ホスト版が11,340円〜、発売は1月20日より。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year05/050113.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×