セキュリティ機能を強化した「pcAnywhere」を発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2022.12.03(土)

セキュリティ機能を強化した「pcAnywhere」を発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは1月13日、同社のリモートコントロールツールの最新版「pcAnywhere 11.5」を発表した。今回発表された最新版では、対応OSおよび周辺機器が拡大された他、セキュリティ機能が大幅に強化された。追加されたセキュリティ機能としてはFIPS(連邦情報

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社シマンテックは1月13日、同社のリモートコントロールツールの最新版「pcAnywhere 11.5」を発表した。今回発表された最新版では、対応OSおよび周辺機器が拡大された他、セキュリティ機能が大幅に強化された。追加されたセキュリティ機能としてはFIPS(連邦情報処理規格)140-2(レベル2)認証を取得したAES暗号の採用、ホストアドレスブロック機能、ログイン情報をデフォルトで暗号化、RSA SecurIDを含む多彩(13種類)な認証方式の採用、インテグリティチェックなど。今回のバージョンではクロスプラットフォーム対応も進められており、Linuxシステムをリモート管理できるpcAnywhere Linux Host、JavaベースのWebブラウザからWindowsとLinuxのpcAnywhereホストを管理できるpcAnywhere Web Remote、Microsoft Pocket PCデバイスからpcAnywhereホストを管理できるpcAnywhere Mobileなどの機能が追加されている。価格はコンプリート版(ホスト&リモート)標準パッケージが17,640円〜、ホスト版が11,340円〜、発売は1月20日より。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year05/050113.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×