2004年のウイルス感染被害年間レポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

2004年のウイルス感染被害年間レポートを発表(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は1月13日、2004年のウイルス感染被害年間レポートを発表した。レポートによると、2004年に同社に寄せられた被害報告件数では「WORM_NETSKY(亜種も含む)」が1位であり、次いで「TROJ_AGENT」、「JAVA_BYTEVER」となっている。同社の「TrendLabs Japan」のウイルス解析担当者は2004年の傾向として「マスメール型ワームの世界的流行」「セキュリティホールへの攻撃」「Webサイトでダウンロードされるトロイの木馬」「日本発のウイルス」「BOTプログラムの大量発生」をあげており、それらと併せて、今後懸念されるウイルスの傾向として、セキュリティホールが発見されてからパッチが作成される前に攻撃が仕掛けられる「ゼロデイアタック」をあげている。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2004/mvr2004-12.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×