日本レコード協会、ファイル交換ソフトを利用した音楽ファイル不正アップロードユーザの発信者情報開示請求の第三回を実施 | ScanNetSecurity
2021.10.28(木)

日本レコード協会、ファイル交換ソフトを利用した音楽ファイル不正アップロードユーザの発信者情報開示請求の第三回を実施

 社団法人日本レコード協会は12月27日、同協会会員のレコード会社7社が、ファイル交換ソフトを利用してインターネット上で音楽ファイルを不正にアップロードしているユーザ14名の氏名等の開示を求める請求を、当該送信のためのインターネットへの接続を提供するプロバイ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 社団法人日本レコード協会は12月27日、同協会会員のレコード会社7社が、ファイル交換ソフトを利用してインターネット上で音楽ファイルを不正にアップロードしているユーザ14名の氏名等の開示を求める請求を、当該送信のためのインターネットへの接続を提供するプロバイダ7社に対して行ったと発表した。これは、11月16日、12月7日に実施された発信者情報開示請求に続き3回目となる。同協会では、今後も同様の開示請求を行っていくとしている。


社団法人日本レコード協会:ファイル交換ソフトを利用した音楽ファイル不正アップロードユーザーの発信者情報開示請求(第3回)
http://www.riaj.or.jp/release/pr041227.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×