日本レコード協会、ファイル交換ソフトを利用した音楽ファイル不正アップロードユーザの発信者情報開示請求の第三回を実施 | ScanNetSecurity
2022.12.05(月)

日本レコード協会、ファイル交換ソフトを利用した音楽ファイル不正アップロードユーザの発信者情報開示請求の第三回を実施

 社団法人日本レコード協会は12月27日、同協会会員のレコード会社7社が、ファイル交換ソフトを利用してインターネット上で音楽ファイルを不正にアップロードしているユーザ14名の氏名等の開示を求める請求を、当該送信のためのインターネットへの接続を提供するプロバイ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 社団法人日本レコード協会は12月27日、同協会会員のレコード会社7社が、ファイル交換ソフトを利用してインターネット上で音楽ファイルを不正にアップロードしているユーザ14名の氏名等の開示を求める請求を、当該送信のためのインターネットへの接続を提供するプロバイダ7社に対して行ったと発表した。これは、11月16日、12月7日に実施された発信者情報開示請求に続き3回目となる。同協会では、今後も同様の開示請求を行っていくとしている。


社団法人日本レコード協会:ファイル交換ソフトを利用した音楽ファイル不正アップロードユーザーの発信者情報開示請求(第3回)
http://www.riaj.or.jp/release/pr041227.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×