ウイルス感染被害年間レポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

ウイルス感染被害年間レポートを発表(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は、2004年度ウイルス感染被害年間レポートを発表した。このレポートは、2004年1月1日から12月15日までの日本国内のデータを集計した速報。発表によると、ウイルス被害報告の総件数は63,657件と昨年の47,607件を大きく上回った。ランキングで

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は、2004年度ウイルス感染被害年間レポートを発表した。このレポートは、2004年1月1日から12月15日までの日本国内のデータを集計した速報。発表によると、ウイルス被害報告の総件数は63,657件と昨年の47,607件を大きく上回った。ランキングでは1位が5,527件で「WORM NETSKY」、2位が2,558件で「TROJ AGENT」、3位が2,336件で「JAVA BYTEVER」という結果となった。2004年は年初から世界的に流行した電子メールを大量に送信するマスメール型ワームによる被害が目立つ年となり、「WORM_MYDOOM」、「WORM_BAGLE」、「WORM_NETSKY」の3系統のワームが互いに競争するように次々と亜種が登場し、70種以上にまで至るものもあった。同社では今後の傾向として、セキュリティパッチが提供される前にセキュリティホールを標的とした攻撃を行うゼロデイアタックが懸念されるとしている。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2004/mvr2004-12s.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×