Microsoft社の新セキュリティ技術Network Access Protectionをサポート(Check Point Software Technologies) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

Microsoft社の新セキュリティ技術Network Access Protectionをサポート(Check Point Software Technologies)

 Check Point Software Technologies社は、米Microsoft社が発表した企業ネットワークを保護する標準準拠技術である「Network Access Protection (NAP)」をサポートすることを発表した。すでにサポートしている業界標準の802.1xおよびExtensible Authentication Proto

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 Check Point Software Technologies社は、米Microsoft社が発表した企業ネットワークを保護する標準準拠技術である「Network Access Protection
(NAP)」をサポートすることを発表した。すでにサポートしている業界標準の802.1xおよびExtensible Authentication Protocol(EAP)に加えて、新たにNAP技術をサポートすることで、自社のTotal Access Protection(TAP)エンドポイント・セキュリティ・イニシアティブを強化する。これにより、企業の管理者は、様々なクライアントが混在するネットワーク環境におけるポリシー遵守を徹底させることが可能となり、スパイウェアや悪意のあるコードによってもたらされるリスクに対処することが可能となる。NAPはウイルススキャン技術とセキュリティポリシーを組み合わせた技術で、クライアントマシンが安全な状態であることを確認してからネットワーク接続を許可することにより、企業内ネットワークにウイルスやワームが侵入するのを防ぐもの。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2004/20041214MS_NAP_Support.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×