LinuxカーネルのIGMPパケット処理でサービス拒否状態が発生する脆弱性が見つかる | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

LinuxカーネルのIGMPパケット処理でサービス拒否状態が発生する脆弱性が見つかる

 サイバーディフェンス社からの情報によると、多数のLinuxベンダが実装するLinuxカーネルのIGMP(Internet Group Messaging Protocol)サポートで、リモートおよびローカルで攻撃可能な脆弱性が見つかった。これは設計上の欠陥である。1つ目の脆弱性は、攻撃者が"sl_co

製品・サービス・業界動向 業界動向
 サイバーディフェンス社からの情報によると、多数のLinuxベンダが実装するLinuxカーネルのIGMP(Internet Group Messaging Protocol)サポートで、リモートおよびローカルで攻撃可能な脆弱性が見つかった。これは設計上の欠陥である。1つ目の脆弱性は、攻撃者が"sl_count"カウンタを減少させることによりループ状態が発生する。2つ目の脆弱性は、攻撃者によりカーネルメモリの大部分が参照されるため、機密情報が漏洩する可能性がある。3つ目の脆弱性は、igmp_marksources()関数が原因でメモリが参照される可能性があり、サービス拒否状態が発生する。



※この情報は株式会社サイバーディフェンス
 ( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
 サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については
 下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:36 GMT、12、15、2004】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×