年末年始のウイルス・デマメールについての注意を喚起(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

年末年始のウイルス・デマメールについての注意を喚起(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA)は12月14日、年末に向けて、クリスマスカードや年賀状などのメールに見せかけたウイルスやデマメールが出現する可能性があるとして注意を呼びかける「年末年始警報」を発表した。発表によると、最近のウイルスはエラーメールを装ったり、アイコンを偽装したりと、感染させるための手口が巧妙になっており、フィッシングと呼ばれる詐欺の手口も新たに出現している。これらの被害に遭わないよう、ワクチンソフトの利用や、セキュリティホールの解消などの技術的な対策に加え、安易に騙されないよう細心の注意を払うよう、注意を呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert161214.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×