年末年始のウイルス・デマメールについての注意を喚起(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

年末年始のウイルス・デマメールについての注意を喚起(IPA)

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA)は12月14日、年末に向けて、クリスマスカードや年賀状などのメールに見せかけたウイルスやデマメールが出現する可能性があるとして注意を呼びかける「年末年始警報」を発表した。発表によると、最近のウイル

製品・サービス・業界動向 業界動向
 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA)は12月14日、年末に向けて、クリスマスカードや年賀状などのメールに見せかけたウイルスやデマメールが出現する可能性があるとして注意を呼びかける「年末年始警報」を発表した。発表によると、最近のウイルスはエラーメールを装ったり、アイコンを偽装したりと、感染させるための手口が巧妙になっており、フィッシングと呼ばれる詐欺の手口も新たに出現している。これらの被害に遭わないよう、ワクチンソフトの利用や、セキュリティホールの解消などの技術的な対策に加え、安易に騙されないよう細心の注意を払うよう、注意を呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert161214.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×