パケットごとのスキャンエンジンを採用したゲートウェイアンチウイルス製品を発表(米SonicWALL) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

パケットごとのスキャンエンジンを採用したゲートウェイアンチウイルス製品を発表(米SonicWALL)

 米SonicWALL社は、エンタープライズ・レベルの強固なセキュリティ管理を実現する高性能のリアルタイム・ゲートウェイ・アンチウイルス・ソリューション「SonicWALL GatewayAnti-Virus/Intrusion Prevention Service」を発表した。同製品は、アプリケーション・レイヤの

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米SonicWALL社は、エンタープライズ・レベルの強固なセキュリティ管理を実現する高性能のリアルタイム・ゲートウェイ・アンチウイルス・ソリューション「SonicWALL GatewayAnti-Virus/Intrusion Prevention Service」を発表した。同製品は、アプリケーション・レイヤの保護を実現するIPSとGateway Anti-Virusを統合したセキュリティソリューション。パケットごとのスキャンエンジンを採用することにより、パフォーマンスを著しく低下させることなく、大容量のファイルや数百のファイルの同時ダウンロードに対応できるのが特徴。また、SMTP、POP3、HTTPなどはもちろん、インスタントメッセンジャーやP2Pなど現在のネットワーク環境で広範囲に使用されている各種プロトコルに含まれる悪質な攻撃や、様々なActive Xベースのスパイウェア、アドウェア、不要なマルウェアのブロックも可能。2005年1月中旬より順次出荷開始。ライセンス価格は、年間3万4,000円(TZ 170 10/25ノード用)〜。なお、2005年3月31日まで、通常価格の50%で提供するキャンペーンを実施する。

http://www.sonicwall.com/japan/corporate_info/press-GAV_IPS.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×