「RADIUS認証プラットフォーム」にワンタイムパスワード機能を追加(日本テレコム) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

「RADIUS認証プラットフォーム」にワンタイムパスワード機能を追加(日本テレコム)

 日本テレコム株式会社は12月14日、認証サービス「RADIUS認証プラットフォーム」において、携帯電話でワンタイムパスワードを取得できる「ワンタイムパスワード」をオプションサービスとして同日より提供を開始したと発表した。RADIUS認証プラットフォームでは、Web経由

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本テレコム株式会社は12月14日、認証サービス「RADIUS認証プラットフォーム」において、携帯電話でワンタイムパスワードを取得できる「ワンタイムパスワード」をオプションサービスとして同日より提供を開始したと発表した。RADIUS認証プラットフォームでは、Web経由でIDやパスワードの設定が可能だが、このオプションによって、ハードトークンなどの専用デバイスを持参することなく、携帯電話から容易にワンタイムパスワードを取得できる。対応する携帯電話はau、Vodafone、NTTドコモ(一部機種は非対応)となっており、5ID単位での提供となる。価格は工事費が1,050円、月額料金は4,200円/5ID単位ごととなっている。

http://www.japan-telecom.co.jp/newsrelease/2004/dec/nr041214/nr_fs.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×