暗号製品「C4CS」がFIPS 140-2認定を取得(シーフォーテクノロジー) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

暗号製品「C4CS」がFIPS 140-2認定を取得(シーフォーテクノロジー)

 株式会社シーフォーテクノロジーは、多様なアルゴリズムに対応する同社の暗号製品「C4CS(C4 Certified Suite)」が、暗号モジュール評価プログラム(CMVP)において認定番号490を発行され、FIPS 140-2適合認定を取得したと発表した。FIPS 140-2は、暗号モジュールのセ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社シーフォーテクノロジーは、多様なアルゴリズムに対応する同社の暗号製品「C4CS(C4 Certified Suite)」が、暗号モジュール評価プログラム(CMVP)において認定番号490を発行され、FIPS 140-2適合認定を取得したと発表した。FIPS 140-2は、暗号モジュールのセキュリティ要件について米国政府が定めた規格のことで、国際的に政府関係調達必須条件として認知・運用されているもの。FIPS 140-2適合認定を公開している国内の暗号製品はC4CSが初めて。

http://c4t.jp/corporate/news/press/2004/press_20041213.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×