ShurikenPro2などに任意コマンド実行、添付ファイル強制起動のセキュリティホール(2002.9.9) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

ShurikenPro2などに任意コマンド実行、添付ファイル強制起動のセキュリティホール(2002.9.9)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ジャストシステムのメールソフト、ShurikenPro2などに任意コマンド実行、添付ファイル強制起動のセキュリティホールが発見された。
 今回発見された問題は、受信箱にあるHTMLメールをダブルクリックして別ウインドウを開くと、悪意のある送信者が仕掛けた任意のコードを実行可能になる問題。HTMLメール中にあるウェブサイトのリンクをクリックすると、添付ファイルが強制実行される問題の二つ。

 同社では、この二つの問題を修正したパッチを提供しているが、同社ではこれらの問題をセキュリティホールとしてではなく、強化プログラムとして提供している。そのため、この修正パッチの案内には、上記の問題がセキュリティホールとして告知されておらず、ユーザーに危険性を通知していない。同製品を利用しているユーザーは、速やかにパッチを適用する必要があるだろう。

修正パッチダウンロードサイト
http://www3.justsystem.co.jp/download/shuriken/up/win/020829.html


・この記事は、セキュリティホールメモに投稿された高木 浩光氏による情報を参考とさせて頂きました。セキュリティホールメモと高木氏には、厚く御礼申し上げます。

投稿された記事のアーカイブ
http://memo.st.ryukoku.ac.jp/archive/200209.month/4768.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×