ShurikenPro2などに任意コマンド実行、添付ファイル強制起動のセキュリティホール(2002.9.9) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

ShurikenPro2などに任意コマンド実行、添付ファイル強制起動のセキュリティホール(2002.9.9)

 ジャストシステムのメールソフト、ShurikenPro2などに任意コマンド実行、添付ファイル強制起動のセキュリティホールが発見された。  今回発見された問題は、受信箱にあるHTMLメールをダブルクリックして別ウインドウを開くと、悪意のある送信者が仕掛けた任意のコード

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ジャストシステムのメールソフト、ShurikenPro2などに任意コマンド実行、添付ファイル強制起動のセキュリティホールが発見された。
 今回発見された問題は、受信箱にあるHTMLメールをダブルクリックして別ウインドウを開くと、悪意のある送信者が仕掛けた任意のコードを実行可能になる問題。HTMLメール中にあるウェブサイトのリンクをクリックすると、添付ファイルが強制実行される問題の二つ。

 同社では、この二つの問題を修正したパッチを提供しているが、同社ではこれらの問題をセキュリティホールとしてではなく、強化プログラムとして提供している。そのため、この修正パッチの案内には、上記の問題がセキュリティホールとして告知されておらず、ユーザーに危険性を通知していない。同製品を利用しているユーザーは、速やかにパッチを適用する必要があるだろう。

修正パッチダウンロードサイト
http://www3.justsystem.co.jp/download/shuriken/up/win/020829.html


・この記事は、セキュリティホールメモに投稿された高木 浩光氏による情報を参考とさせて頂きました。セキュリティホールメモと高木氏には、厚く御礼申し上げます。

投稿された記事のアーカイブ
http://memo.st.ryukoku.ac.jp/archive/200209.month/4768.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×