11月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

11月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は12月7日、2004年11月度の日本国内コンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。発表によると、11月度のウイルス感染被害の総報告数は3,723件と先月の4,255件からさらに減少した。先月末にアラートが発令された「WOR

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は12月7日、2004年11月度の日本国内コンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。発表によると、11月度のウイルス感染被害の総報告数は3,723件と先月の4,255件からさらに減少した。先月末にアラートが発令された「WORM_BAGLE.AT」などの感染により、およそ半年ぶりにワーム型が1位、2位を独占しているが、これらのワームの被害も、発生初期における小規模なものにとどまり、流行には至っていない。これは、世界的にも大量にウイルスメールを配信するマスメール型ワームに対し、ユーザの警戒が強まってきていると同社では推察している。また、Webサイトでインストールされるタイプのトロイの木馬は全体的に報告件数がやや減少傾向にあるが、このような悪質なWebサイト自体は今後も継続して発見されるとしている。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2004/mvr0411.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×