Microsoft IEのキャッシュ済みSSLコンテンツによりスクリプトが実行される脆弱性が見つかる | ScanNetSecurity
2020.10.31(土)

Microsoft IEのキャッシュ済みSSLコンテンツによりスクリプトが実行される脆弱性が見つかる

──────────────────────────────〔Info〕─ ■■■―――――――――――――――――――――――――――――■■■ ■ 「資格の学校TAC 通信講座 ■ CompTIA Security

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕─
■■■―――――――――――――――――――――――――――――■■■
■ 「資格の学校TAC 通信講座 ■
CompTIA Security+のテキストと問題集」を販売開始
〜ポイントを押さえたテキストと頻度の高い問題集のセット販売〜
■ 詳細: https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cts01_netsec
───────────────────────────────────


 サイバーディフェンス社からの情報によると、マイクロソフト社のInternet Explorerで、リモートから攻撃可能な脆弱性が見つかった。これにより、セキュリティが強化されたwebサイトで任意のスクリプトが実行される可能性がある。当該問題は、SSLで保護されたwebサイトからキャッシュされたコンテンツをIEが認証する際に発生する。特定の状況下では、IEはサーバの無効なSSL証明書に関する警告を表示しない。これにより、ブラウザキャッシュが不正な文書で汚染され、ユーザが正規のサイトにアクセスしたときに当該文書がキャッシュから使用される。


※この情報は株式会社サイバーディフェンス
 ( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
 サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については
 下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【22:59 GMT、12、01、2004】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×