「F-Secure検疫コントローラ」の販売を開始(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

「F-Secure検疫コントローラ」の販売を開始(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本エフ・セキュア株式会社は12月1日、「F-Secure検疫コントローラ」の販売を開始すると発表した。本製品は、社内LANに接続するPCのウイルス定義ファイルを常に最新に保つソフトウェアで、持ち込まれたPCのウイルス定義ファイルをチェックし、最新の定義ファイルへ更新が完了するまで社内LANから隔離する。これにより、自宅やホテルなどからインターネットに接続したPCがウイルス感染し、知らずに社内LANに接続されて社内にウイルスが蔓延することを未然に防止できる。また、日立電線株式会社の「Apresia」認証スイッチと協調動作が可能で、「Apresia」の認証サーバRadiusの管理機能に加え、接続を要求したPCのF-Secureアンチウイルスのウイルス定義ファイルをチェックし更新する機能を搭載している。価格は1システムで200万円。

http://www.f-secure.co.jp/news/200412011/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×