「著作権超侵害中」と明記したサイトで海賊版ソフトを販売 | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

「著作権超侵害中」と明記したサイトで海賊版ソフトを販売

============================================================〔Info〕== ◆ レンタルサーバ事業者の保有するco.jpドメイン23万件の詳細情報   ◆ ◆                業界全体の動向から各社の動向まで ◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

製品・サービス・業界動向 業界動向
============================================================〔Info〕==
◆ レンタルサーバ事業者の保有するco.jpドメイン23万件の詳細情報   ◆
◆                業界全体の動向から各社の動向まで ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≫レンタルサーバ事業者とco.jpドメイン23万件情報を期間限定価格で提供≪
  詳細→ https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?rtc01_netsec
======================================================================


 ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、警視庁生活経済課と武蔵野署、東村山署は11月19日、自ら運営するホームページ「ブレインネット」を通じて大量の海賊版ゲームソフトを販売していた、江戸川区のフリーライター男性(22歳)と、同居していた無職男性(23歳)の2人を著作権法違反の疑いで同月17日に逮捕、19日に東京地検八王子支部に身柄送検したことを発表した。男性らは、今年3月ごろから同サイトを通じた海賊版ゲームソフトの販売を開始し、約半年の間に全国の約330人に対して海賊版を販売し、約1,000万円を売り上げていたとみられている。同サイトには、「著作権超侵害中」、「著作権ってなんですか? 全部コピーで、いいじゃない。」などの文章を掲載するなどして、「ファミリーコンピュータ」や「プレイステーション2」をはじめとした多岐にわたるゲーム専用機用ソフトの海賊版や、海賊版制御の機能を無効化する改造を施したゲーム機本体などを販売していた。


ACCS
http://www.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×