ウイルスの感染状況をリアルタイムに確認できるサービスを開始(キヤノンシステムソリューションズ) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

ウイルスの感染状況をリアルタイムに確認できるサービスを開始(キヤノンシステムソリューションズ)

 キヤノンシステムソリューションズ株式会社は11月12日、ウイルス対策ソフト「NOD32アンチウイルス」の開発元であるEset社が、メールによって拡散するウイルスの感染状況をリアルタイムに確認できる「Virus Radar Online」サービスを開始したと発表した。同サービスは、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 キヤノンシステムソリューションズ株式会社は11月12日、ウイルス対策ソフト「NOD32アンチウイルス」の開発元であるEset社が、メールによって拡散するウイルスの感染状況をリアルタイムに確認できる「Virus Radar Online」サービスを開始したと発表した。同サービスは、EsetとヨーロッパのISPによる共同プロジェクトとして行われているウイルス検出状況確認システム。ISPは、メールゲートウェイのウイルス対策としてNOD32アンチウイルスを採用し、このISPに登録しているユーザすべてのメールから検出されるウイルスデータ解析を自動で行っている。日次、週次、月次のウイルス検出状況をWebインタフェースにより確認することができ、検出されたウイルスの数はグラフで表示され、現時点での検出状況を確認することが可能。

http://canon-sol.jp/press/a411_nd.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×