ウイルスの感染状況をリアルタイムに確認できるサービスを開始(キヤノンシステムソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.24(木)

ウイルスの感染状況をリアルタイムに確認できるサービスを開始(キヤノンシステムソリューションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 キヤノンシステムソリューションズ株式会社は11月12日、ウイルス対策ソフト「NOD32アンチウイルス」の開発元であるEset社が、メールによって拡散するウイルスの感染状況をリアルタイムに確認できる「Virus Radar Online」サービスを開始したと発表した。同サービスは、EsetとヨーロッパのISPによる共同プロジェクトとして行われているウイルス検出状況確認システム。ISPは、メールゲートウェイのウイルス対策としてNOD32アンチウイルスを採用し、このISPに登録しているユーザすべてのメールから検出されるウイルスデータ解析を自動で行っている。日次、週次、月次のウイルス検出状況をWebインタフェースにより確認することができ、検出されたウイルスの数はグラフで表示され、現時点での検出状況を確認することが可能。

http://canon-sol.jp/press/a411_nd.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×