Websense Enterpriseにキーロガー・フィルタリング・カテゴリを追加(米ウェブセンス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

Websense Enterpriseにキーロガー・フィルタリング・カテゴリを追加(米ウェブセンス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米ウェブセンス社は11月11日、「Websense Master Database」に新たなキーロガー・フィルタリング・カテゴリを追加し、「Websense Enterprise」の機能拡張を行ったことを発表した。これは、2004年に話題になった悪質なコードのうち、100種類以上にキーロガーが組み込まれていたことや、現在数百種類ものキーロギング・アプリケーションが無料でダウンロード可能となっている状況を受けたもの。Websenseセキュリティ・プレミアム・グループが提供する新しい「キーロガー」というインターネット・コンテンツ・サブカテゴリは、キーロギング・アプリケーションを含むアプリケーションやサイトへの従業員のアクセスを積極的に管理することで、新しいレベルのセキュリティを実現し、記録されたキーストロークを入手しようとする第三者へのインターネット・トラフィックから組織をブロックする。これにより、より強固なセキュリティ層を実現し、キーロギング・アプリケーションの起動を防止できるとしている。

http://www.japan.websense.com/company/PressReleaseDisplay.php?Release=041111786
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×