10月に発生したウイルスインデックスを発表(英クリアスウィフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.20(日)

10月に発生したウイルスインデックスを発表(英クリアスウィフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 英クリアスウィフト社は11月11日、10月度のウイルスインデックスを発表した。ウイルスインデックスによると、10月に発生したウイルスでは「W32/Netsky-P」が35.8%と最も多く、「W32/Netsky-D」が11.4%、「W32/Zafi-B」が10.9%と続いている。また「Bofra」については、パッチが適用されていないMicrosoft Internet Explorerのバッファオーバーフローの脆弱性を利用してシステムに感染するとのこと。このワームは、1週間前の11月2日にFull Disclosureセキュリティリストに掲載されたばかりのPoC(脆弱性実証)コードを利用しており、ウイルス作成者がこれだけ迅速にワームを作成できること自体、注目に値するとしている。同社では、ThreatLabによるMyDoomの亜種「Bofra」の分析結果を受け、ウイルス対策にマルチレイヤ型の防御策を講じるよう企業に呼びかけている。

http://www.clearswift.co.jp/news/PressReleases/index.php?f=041111.dat
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×