「ウイルス対策ソフト」の利用状況についての調査内容を発表(サイバーブレインズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

「ウイルス対策ソフト」の利用状況についての調査内容を発表(サイバーブレインズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社サイバーブレインズは、「ウイルス対策ソフト」の利用状況についての調査結果を発表した。この調査は、全国の18歳〜59歳の500名(男女各50名)に対して、2004年10月にインターネットを利用して行ったもの。調査結果によると、ウイルス対策ソフトのインストール率は73.5%と高く、表計算、ワープロに次ぐインストール率だという。また、ウイルス感染については、ソフト導入前に感染していたものが30.8%で、導入後も19.8%が感染している。ウイルススキャンは「定期的にまたは自動的にスキャンしている」が51.2%と半数で、「スキャンしたことがない」というユーザもいる。また、パターンファイルの更新率は85.6%と高いものの、定期または自動更新しているのは67.8%に留まり、ソフトを導入はしていても約4割がパターンファイルの更新に無頓着なことが明らかとなった。

http://www.cyber-brains.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×