「ウイルス対策ソフト」の利用状況についての調査内容を発表(サイバーブレインズ) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

「ウイルス対策ソフト」の利用状況についての調査内容を発表(サイバーブレインズ)

 株式会社サイバーブレインズは、「ウイルス対策ソフト」の利用状況についての調査結果を発表した。この調査は、全国の18歳〜59歳の500名(男女各50名)に対して、2004年10月にインターネットを利用して行ったもの。調査結果によると、ウイルス対策ソフトのインストール

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社サイバーブレインズは、「ウイルス対策ソフト」の利用状況についての調査結果を発表した。この調査は、全国の18歳〜59歳の500名(男女各50名)に対して、2004年10月にインターネットを利用して行ったもの。調査結果によると、ウイルス対策ソフトのインストール率は73.5%と高く、表計算、ワープロに次ぐインストール率だという。また、ウイルス感染については、ソフト導入前に感染していたものが30.8%で、導入後も19.8%が感染している。ウイルススキャンは「定期的にまたは自動的にスキャンしている」が51.2%と半数で、「スキャンしたことがない」というユーザもいる。また、パターンファイルの更新率は85.6%と高いものの、定期または自動更新しているのは67.8%に留まり、ソフトを導入はしていても約4割がパターンファイルの更新に無頓着なことが明らかとなった。

http://www.cyber-brains.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×