「VISA 認証サービス」を偽装したメールに対し中間報告 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

「VISA 認証サービス」を偽装したメールに対し中間報告

──────────────────────────────〔Info〕─ セ┃キ┃ュ┃リ┃テ┃ィ┃ゲ┃ー┃ト┃ウ┃ェ┃イ┃が┃ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛ ●「FortiGate」シリーズ発売   破┃格┃で┃導┃入┃で┃き┃る┃!┃   

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕─
セ┃キ┃ュ┃リ┃テ┃ィ┃ゲ┃ー┃ト┃ウ┃ェ┃イ┃が┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
●「FortiGate」シリーズ発売   破┃格┃で┃導┃入┃で┃き┃る┃!┃
    期間限定で格安販売!!  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
詳細⇒ https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?ftg01_netsec
───────────────────────────────────


 ビザ・インターナショナル東京事務所は11月11日、「VISA 認証サービス」を偽装したメールを受け取ったという数十件の報告があったことを受け、このフィッシングメールの背景と現在Visa が進めている調査の中間報告を発表した。このフィッシングメールは、セキュリティ強化やサービスの継続と偽り、「VISA認証サービス」のサービス名やロゴを盗用したメールが送信されるもの。詐欺サイトのURL にメール受信者を誘導し、カード番号や有効期限、パスワードを入力させようとする。詐欺サイトは、メニューバーからVisa の実際のサイトにリンクするなど、あたかも本物のサイトであるかのように偽装されているが、これは同社とは全く関係がない偽のメール。同社では、いかなる場合もメールや電話を使ってカード会員の個人情報および機密情報を確認することは決してないとし、注意を呼びかけている。


Visaインターナショナルよりのお知らせ:日本語版のフィッシングメール事件についての調査中間報告
http://www.visa.co.jp/newsroom/NR_jp_111104.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×