クレジットカードなどのWeb入力に「かなり抵抗を感じる」が8割以上(NRIセキュアテクノロジーズ) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

クレジットカードなどのWeb入力に「かなり抵抗を感じる」が8割以上(NRIセキュアテクノロジーズ)

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は、2004年9月3日から6日にかけて、インターネットを利用する個人ユーザを対象に「個人情報保護に関する消費者意識調査2004」と題した調査を行った結果、一般の消費者の間でも個人情報の保護の意識が、この1年間で急速に高まっている

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は、2004年9月3日から6日にかけて、インターネットを利用する個人ユーザを対象に「個人情報保護に関する消費者意識調査2004」と題した調査を行った結果、一般の消費者の間でも個人情報の保護の意識が、この1年間で急速に高まっていることが明らかになった。過去1年間にパソコンやインターネット利用で経験したトラブルとして、「見知らぬ人からの迷惑なダイレクトメール」を受けた経験のある人が昨年度調査の7.7%から54.2%へと急増し、「個人情報が漏洩された」という回答も9.1%から20.2%へと増加。「経験していない」という人は39.7%から27.4%へと減少した。また、「クレジットカード番号」などの個人情報をWebサイトにを入力することに「かなり抵抗を感じる」という人が8割を超えている。

http://www.nri-secure.co.jp/news_alert/news_release/04_11_08.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×