IPAの脆弱性情報届出体験レポートを掲載 東芝製DVDレコーダ問題 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

IPAの脆弱性情報届出体験レポートを掲載 東芝製DVDレコーダ問題

製品・サービス・業界動向 業界動向

============================================================〔Info〕==
◆ レンタルサーバ事業者の保有するco.jpドメイン23万件の詳細情報   ◆
◆                業界全体の動向から各社の動向まで ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≫レンタルサーバ事業者とco.jpドメイン23万件情報を期間限定価格で提供≪
  詳細→ https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?rtc01_netsec
======================================================================


 先日Scan Security Wireでは「東芝製DVDレコーダRD-XS53のiEPG機能の危険性について( https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/14307.html )」というレポートを掲載した。当該記事の執筆者が本件と関連する別の脆弱性を「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」に則った形でIPAへと届け出た。

 今週のScan Security Wireでは、その届出から脆弱性情報が実際に公開されるまでの経緯(体験談)を、報告者にレポートとしてまとめていただき掲載する予定となっている。どのような経緯で公開されるのか実際に届け出てみるまでは不透明な部分もあるため、躊躇している方も多いかと思うが、本記事が参考になれば幸いである。

Scan Security Wire
http://ns-research.jp/c2/shop/e-zine/ssw.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×