メールウイルスからの自動的保護をRockliffeと共同開発(Kaspersky Lab) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

メールウイルスからの自動的保護をRockliffeと共同開発(Kaspersky Lab)

 Kaspersky Lab社とRockliffe社は、全てのMailSiteメールサーバとMailSite MPメールゲートウェイソフトウェアについて、Kaspersky Lab製アンチウイルスエンジンとの統合を行うと発表した。Kaspersky Labのアンチウイルスエンジンは、全てのウイルスのメッセージをリアル

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 Kaspersky Lab社とRockliffe社は、全てのMailSiteメールサーバとMailSite MPメールゲートウェイソフトウェアについて、Kaspersky Lab製アンチウイルスエンジンとの統合を行うと発表した。Kaspersky Labのアンチウイルスエンジンは、全てのウイルスのメッセージをリアルタイムに分析する。ウイルスに感染したメッセージが検出された場合、MailSiteはそのメッセージを廃棄し、その結果、ウイルスがメールゲートウェイ内部への侵入を防止することが可能だ。統合されたパッケージは、MailSiteメールサーバでのウイルス保護機能により、MailSite MPメールゲートウェイがExchangeや他のSMTPメールサーバに対し、自動的にウイルス保護されたメールを送信することが可能となる。MailSiteアンチウイルスの価格は、50個のメールボックス用でUS595ドルから。

http://www.kaspersky.co.jp/news.html?id=85
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×