セキュリティ・チップを搭載したデスクトップPC普及モデルを発売(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

セキュリティ・チップを搭載したデスクトップPC普及モデルを発売(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本アイ・ビー・エム(IBM)株式会社は、セキュリティ・チップを搭載し、コスト・パフォーマンスに優れたデスクトップPC「ThinkCentre A51」を発売した。同チップは、セキュリティを考慮した業界標準の新しいPC仕様であるTCG(Trusted Computing Group)に準拠したもので、暗号処理専用プロセッサと暗号鍵の漏洩を防ぐ機能を備えているもの。外部からアクセスできないチップ内に暗号鍵を持つことで、より安全なPC利用環境を実現できる。本製品は、従来上位機種のみに搭載されていたこのチップを普及機種ながら全モデルに搭載しているのが大きな特長。加えて、ドライブそのものにパスワードをかけられる「ハードディスク・パスワード」機能を装備し、盗難などの被害に遭ってもデータの漏洩を防ぐことができる。また、MPU、メモリ、HDDといった基本性能も強化されている。IBMダイレクト価格は136,500円〜。

http://www.ibm.com/news/jp/2004/10/10191.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×