データベースセキュリティ管理ソフト「IPLocks v4.2」を出荷(アイピーロックス ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

データベースセキュリティ管理ソフト「IPLocks v4.2」を出荷(アイピーロックス ジャパン)

 アイピーロックス ジャパン株式会社は10月25日、データベースセキュリティ管理ソフトウェアの最新バージョン「IPLocks v4.2」日本語版を10月31日に出荷すると発表した。IPLocksは、データベースの脆弱性評価、アクセスの自動監視、および監査を行い、データの破壊・改

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 アイピーロックス ジャパン株式会社は10月25日、データベースセキュリティ管理ソフトウェアの最新バージョン「IPLocks v4.2」日本語版を10月31日に出荷すると発表した。IPLocksは、データベースの脆弱性評価、アクセスの自動監視、および監査を行い、データの破壊・改ざん・漏えいなどによる被害を極小化するセキュリティ・ソリューション。最新版では、Oracleの監査ログ収集の負荷を削減する手法を採用し、監視対象となるOracleのパフォーマンス劣化を最小限に抑えられるようになったほか、内部の監視ログ蓄積用データベースとして、新たにOracleが選択可能となった。そのほか、監視対象となる外部データベースにOracle Database 10gが追加され、IBM DB2メインフレーム、MS SQL Server v7のUBMをサポートした。

http://www.iplocks.co.jp/pressrelease/release_20041025.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×